(携帯/スマートフォン=画面左上の横3本マークをクリックしてメニューを表示してください)

東京都立両国高等学校・附属中学校 後援会は、関東大震災後の1925(大正14)年に学校に対する資金の援助を目的として発足した父兄会と 1949年に発足したPTAが1953年に統合されたもので「学校と生徒のサポーター」です。

 

体育祭がはじまりました。

 


2018年6月17日(日)墨田区中学校バスケットボール夏季選手権大会が吾嬬第二中学校にて行われました。

男子は朝鮮第五中学校、女子は寺島中学校と対戦しました。男女ともにとても白熱した試合となりました。

この試合で、3年生は引退です。明るく優しく下級生を引っ張ってきてくれました。

 

中学校部活動のページへ


高校水泳部

2018年6月9日、10日 東京辰巳国際水泳場において東京都高等学校春季水泳競技大会が開催され、本校水泳部も出場しました。競技大会には基準タイムをクリアしないとエントリーができません。残念ながら決勝にコマを進める(概ね都上位10位以内の成績)ことはかないませんでしたが、各選手は日ごろの練習の成果をいかんなく発揮、ベストを尽くした戦いでした。

 

高等学校部活動のページへ


プール開き

2018年5月26日、本校のプール開きが両国高校および附属中学校の水泳部員の手で開かれました。
屋外プールの為、冬場の利用はできず、毎年大まかな掃除は業者さんの手をお借りしますが、その後の掃除は中高水泳部員の手でコースロープやプールサイド、その他細かいところまで丁寧に行われています。
プール開きでは中高水泳部員各自が「自己ベストの更新」など今年の抱負をプールに誓い、その後、無事故を祈り中学高校の部長ふたりによる「お清め」が行われました。
水泳部顧問の先生方や高校3年生による「激」も飛び、教育実習に来られている水泳部OBOGからのお話もいただきました。
最後は水泳部員によるプールへの「礼」によって本年度のプール開きは締められました。

 

学校活動その他のページへ

 


2018年2月10日 第17回日本情報オリンピック本選

高校2年生の2名が日本情報オリンピック本選で成績優秀者に選ばれました。この大会は、国際情報オリンピック(IOI=International Olympiad in Informatics)へ派遣する日本代表選手を選抜する国内大会です。

高校2年生以下の生徒達が集まり、数理情報科学の能力を競う智の競技会です。競技では、与えられた課題に対する性能の良いアルゴリズムを設計し、さらに、それをプログラムとして適切に実装することが求められます。

このたび予選を勝ち上がり、本選で優秀な成績を修めたので、3月に行われる春季トレーニング合宿へ招待されました。

 

https://www.ioi-jp.org/joi/2017/2018-medalists.html

 

表彰・大会参加のページへ